乾燥肌のトラブルを防ぐ|クレンジングの選び方が大切

女の人

水分保持力が激減する理由

横顔

角質層が失われる

クレンジングが要因で乾燥肌や敏感肌になってしまうケースがあります。乾燥肌や敏感肌は自然となるわけではなく、間違ったスキンケアを継続することで角質層を傷めることで症状をひどくしてしまっていることがほとんどです。肌の水分保持は角質層が担っています。これがなくなると肌の水分保持力は激減してしまいます。クレンジングは化粧品の油分を落とすものですが、摩擦や界面活性剤の影響で、角質層にまで傷つけているケースも少なくありません。角質層を傷つけるとセラミドなどの保持能力を持っている細胞間脂質を洗い流す結果となり、肌の水分を同時に失うことになります。クレンジングをした直後はさっぱりとした感覚を味わうことができますが、その後徐々に乾燥に悩まされていきます。

石鹸で十分

クレンジングは化粧を落とすために必要ですが、重要な成分である角質層まで落とさないように工夫して気を付ける必要があります。できれば、クレンジング以外の方法である石鹸や洗顔料でメイクを落とすことを心がけるようにすることがベストです。どうしてもクレンジングを使用しなければならない際には、ダメージを与えないように洗顔することが大事です。こすらないでメイクを落とすなどメイクを落とす方法にも工夫をすることが大事です。またすでに乾燥肌状態になっている場合には、クレンジング剤は使用しないほうがベストです。ベースだけであれば、石鹸だけで十分に落とすことができます。クレンジングを試用する事で乾燥肌を進行させてしまうからです。